【ハイライト】近畿大学vs京都大学(2018秋季第4節)

関西学生アメフト第4節初戦の対戦カードは、近畿大学と京都大学。

試合前半、両ディフェンス陣の活躍が光ります。まずは、近畿大DL岩本がQBサック、会場を沸かせます。

一方の京都大も、近畿大のパスが弾かれて浮いたところを、DB山口が負けじとインターセプトを決め、スコアレスで前半を終えます。

後半、近畿大 QB山西から40ヤードのロングパス。これをWR坂上が競り合いながらキャッチし、一気に得点のチャンスとします。
最後は、K今井がフィールドゴールに成功し、この試合 貴重な3点を先制します。

先制して勢いにのる近畿大は、QB山西からボールを受けたRB河田のランで、大きく前進。WR西尾へのパスで更に攻め込むと、
QB山西がエンドゾーンに走り込み、タッチダウン。大きな追加点を得ます。

試合終盤、近畿大はゴールまで約30ヤードの絶好のポジションを得ると、手堅いランプレーで着実に前進。RB河田がエンドゾーンに持ち込み、駄目押しの追加点をあげます。

なんとか意地を見せたい京都大は、QB鳥居から、TE木野、WR近藤へのパス攻勢に出ます。しかし、近畿大ディフェンス陣の奮闘もあり、ここで時間ぎれ。

17-0で近畿大が完封勝ち。嬉しい”今季初勝利”を飾りました。