【ハイライト】京都大学vs龍谷大学(2018秋季第2節)

関西学生アメフト第2節 3試合目は京都大学と龍谷大学の対決。

試合前半は両校ともにディフェンス陣が奮闘します。

一進一退、互いに譲らない展開が続くなか、京都大がビッグプレー。龍谷大のパントを受けたWR原田がフィールドの真ん中付近まで大きくリターンします。ここからRB佐藤のラン、WR近藤へのパスで前進。
タッチダウンを狙うも、ここは龍谷大の好ディフェンスでFGを選択。K丸山フィールドゴールを成功させ、先制します。

先制して流れをつかんだ京都大は、RB佐藤、窪田のランプレーで着実に前進。前半終了間際に、K丸山がこの日2本目のフィールドゴールを成功。6-0で前半を折り返します。

試合後半も、流れは京都大。RB佐藤、窪田を中心に、ランプレーで手堅く前進。ギャンブルプレーも成功させ、ゴール前1ヤードまで攻め込むと最後はRB佐藤が飛び込んでタッチダウン。さらにQB鳥居からTE木野へのパスが成功しダメ押しの追加点を獲得します。

早く得点したい龍谷大は、QBを山際にかえて攻勢をかけます。残り時間の少ない中、パスで思い切ったプレーを見せたものの、京都大DB山本、村井に立て続けにインターセプトされてしまい、万事休す。

京都大は見事、今季2勝目をあげました。