【ハイライト】甲南大学vs京都大学(2018秋季第1節)

関西学生アメリカンフットボールリーグ第1節最終戦は甲南大学と京都大学の対決。

1Qは互いに譲らない展開が続きます。甲南大はLB大野、京都大はLB中野をはじめとして、両校ともに好ディフェンスが見られ0-0で1Qを終えます。

第2Q、先に流れを掴んだのは京都大。甲南大のパントを京都大DL柳原がブロック。そのブロックしたボールをゴール前でリカバー。大きなチャンスを得ます。 その後、QB鳥居からTE中尾へのTDパスが見事に成功、京都大が先制します。

対する甲南大は、次の攻撃でRBを入れ替えながら少しずつ陣地を進めるものの、京都大ディフェンスを前に得点の機会を得られません。

すると、京都大は次の攻撃でRB佐藤の54ヤードの見事なランで大きく前進。その後も着実に前に進み、最後はRB植木がタッチダウン。さらにリードを広げ、14-0で試合を折り返します。

3Q、早く得点が欲しい甲南大は徐々に流れを掴み始めます。
RB村上、QB加藤のランで前進。ゴール前では、京都大の鉄壁のディフェンスもあり、タッチダウンには結びつかなかったものの、K村田が32ヤードFGをきめ、3点を返します。

しかし、京都大もすかさず反撃。次の攻撃でQB鳥居が自ら79ヤードを走り抜けタッチダウン。21-3と、さらに点差を広げます。

意地を見せたい甲南大は3Q終盤にQB坂本からWR横山への25ヤードパス、RB村上の33ヤードランでゴール前までいっきに前進。第4ダウンまでプレーし、果敢に勝負を挑むも、甲南大はチャンスをものにできません。

4Q、甲南大はRB村上、北口が交互にボールを運び、陣地を進めます。しかし、ここでも京都大LB中野をはじめとしたディフェンス陣に苦しめられます。一方のパス攻撃も、QB坂本のTDを狙ったロングパスが不成功になるなど、得点に繋げられません。

試合終了間際の攻撃も京都大DB山本がインターセプトのビッグプレーをみせ、甲南大にタッチダウンを許しません。京都大は、RB窪田が駄目押しのタッチダウン。
28-3とさらに甲南大を引き離したところで試合終了。

京都大は見事、初戦を勝利で飾りました。