【ハイライト】立命館大学vs神戸大学(2018秋季第1節)

いよいよ開幕したフラッシュボウルシリーズ。開幕カードは昨年、一部復帰を果たした神戸大学対立命館大学。

試合序盤、立命館ディフェンスバック永田が神戸大のパントを好タックルで抑えるなど見せ場を作ります。そして、試合開始3分、クォーターバック荒木からワイドレシーバー廣吉のロングパスが決まり、タッチダウン。立命館が先制します。

続く第2クォーター残り3分、神戸大クォーターバック福嶋からワイドレシーバー井上へのロングパスタッチダウン、フィールドゴールが決まり、7点を追加します。

しかし、その後、立命館ディフェンスバック中川のファンブルリカバー成功、そしてワイドレシーバー渡辺のランが決まりタッチダウン。概ね立命館大が流れを作り、前半を28対7で締めくくります。

続く第3クォーター、残り2分で立命館キッカー多田羅のフィールドゴールが成功。

一方で、神戸大も残り1分でクォーターバック是澤が40ヤードのロングランでタッチダウンを決め、一矢報います。

その後もクォーターバック是澤が自らのランでタッチダウン、さらにランニングバック錦織のツーポイントコンバージョンも決まり、勢いがついたものの点差を埋められず、31対15で試合終了。

注目の開幕カードは立命館大学が勝利、シーズン白星発進を決めました。

記事:関西学院大学 秋山彩惠